logo_madaminu

Trailer

News

◉新着情報

Events

仙台/映画とトークの特別上映会

震災前のまちにはどんな暮しがあったのか。震災後はどんな日々を歩んだのか。住民が語る記憶と地域再生の記録。映画とトークであらたなコミュニティのかたちを考える。

10月19日(金)13:30/18:00(30分前開場)
上映後、青池憲司監督&ゲスト・トーク
1回目:坂本英紀(NPO法人20世紀アーカイブ仙台理事長)
2回目:本間英一(石巻 かどのわき町内会会長)

10月20日(土)18:30(15分前開場)
上映後、青池憲司監督トーク

◯会場=戦災復興記念館 4F 研修室

◯料金=一般1,500円 学生1,000円 高校生以下500円(当日会場にて販売。前売り/事前予約なし)

◯主催=映画「まだ見ぬまちへ」仙台上映の会

◯協力=一般社団法人ブッシュ・クローバ・コミュニティ、特定非営利活動法人 地域情報モラルネットワーク、右岸の羊座、いしのまき・記録映画づくりを応援する会

◯お問い合わせ(主催者)=

青池組メールアドレス

Story

◉あらまし

地震と津波で壊滅的な被害を受けた、石巻市門脇・南浜・雲雀野地区の「人とコミュニティの再生」を6年半にわたって撮影した長篇ドキュメンタリー映画。

被災直後から寄り合って暮しはじめた10世帯23人の人びとが、失われた地に「新しいコミュニティ」をつくりだすプロセスを描く。

震災前のこの地域にはどんな暮しがあったのか。住民が語る“わがまち”のきのうと原風景の記憶。

映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』

Commentary

◉解説

この映画は、地震と津波で壊滅的な被害を受けた、宮城県石巻市門脇・南浜・雲雀野地区の「人とコミュニティの再生」を6年半にわたって記録した作品です。

同地区は、震災前は1772世帯(4423人)が住んでいましたが、津波の被害が軽微ですんだのは10数世帯のみでした。その人びと(小学生から高齢者まで)は、被災直後から寄り合って自律と共助の暮しを始めました。しかし、地区は居住可(門脇町)と不可(南浜町、雲雀野町)のエリアに分断され、住民は散り散りになってしまいます。

映画は、人びとが失われた地に「新しいコミュニティ」をつくりだそうとするプロセスを見つめます。

居住不可エリアは原野状態と化し、居住可エリアには、激動の日日をへて、ふだん暮しがもどってきます。とはいえ、土地区画整理事業や高盛土道路、防潮堤の建設など大工事は進行しますが、日常生活に必要なインフラはなかなか整備されません。居住環境が整わない地域の暮しをどう支えるか。高齢者のケアは?新しく住民となる人たちとのコミュニケーションは?

まちのかたちが少しずつ見えてくることへの期待と不安が交錯するなかで、人びとのまだ見ぬまちへの模索がつづきます。

映画は、また、3月11日以前の地域の姿も見つめます。震災前のこのまちにはどんな暮しがあったのか。住民が紡ぐ"わがまち"のきのうと原風景の記憶。

本作品は、一被災地の非常時のコミュニティ活動の記録であるとともに、そのテーマは、常時の地域社会づくりにも通ずる普遍性をもっています。

映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』

◉青池憲司監督の東日本大震災関連作品

  • 『津波のあとの時間割〜石巻・門脇小・1年の記録〜』(2013年)
  • 『3月11日を生きて〜石巻・門脇小・人びと・ことば〜』(2012年)
  • 映画監督 青池憲司フィルモグラフィ【映画製作集団・青池組公式サイト】

◉『まだ見ぬまちへ』石巻ロケの記録【映画製作集団・青池組公式サイト】

Location

◉宮城県石卷市 | 門脇町・南浜町・雲雀野町について

東日本大震災以前の3町の世帯数と人口は1772世帯4423人。津波で356人が亡くなり、142人が行方不明である。

南浜町と雲雀野町は居住不可地区となり石巻南浜津波復興祈念公園が造られる。門脇町2丁目〜5丁目は土地区画整理事業が2014年8月から本格化。事業面積23.7ヘクタールの区域に250戸分の宅地が整備され、復興公営住宅151戸と合せて401世帯、人口1070人のコミュニティが想定されている。

地域の東西を走る南光門脇線(八間道路)は幅37.5m、高さ3.5mの高盛土道路になり、その南側が復興祈念公園、北側が新門脇地区となる。宅地や道路のほかに小公園と緑地がそれぞれ3か所つくられる。また、災害発生時に避難する日和山など高台への階段と通路を1か所ずつ設ける。土地区画整理事業の終了は2018年である。

映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』
映画『まだ見ぬまちへ〜石巻・小さなコミュニティの物語〜』

Crew

◉製作

映画「まだ見ぬまちへ」の会/青池組

◉スタッフ

青池憲司(監督/製作)

一之瀬正史(撮影) 村本勝(編集/構成) 黄永昌(整音/録音)
   原公一郎(音楽) 山田武典(撮影/録音) 金原雅彦(広報)

黒田福美(語り)

◉要項

撮影地域:石巻市門脇・南浜・雲雀野地区/旧北上川河口部

撮影期間:2014年3月〜2017年8月

仕上げ期間:2017年5月〜9月

完成:2017年10月

◉規格

上映時間:2時間25分 | Blu-ray/DVD

Theater

◉上映会

  • 2018/10/19〜20:上映会「映画とトークの特別上映会」(宮城・仙台 戦災復興記念館)【詳細】Facebookページ  |  仙台上映会チラシ《PDF》
  • 《終了》2018/07/28:上映会「浦和特別上映回」(埼玉・浦和 浦和コミュニティセンター)
  • 《終了》2018/06/16:上映会「映画とトークの会」(宮城・石巻 みやぎ生協文化会館アイトピアホール)【詳細】
  • 《終了》2018/06/15,17:上映会「映画とトークの会」(宮城・石巻中央公民館)【詳細】
  • 《終了》2018/06/02:早稲田まちづくり連続セミナー「映像で見る復興」第1回 宮城県石巻「復興とコミュニティ」(東京・早稲田)【詳細】
  • 《終了》2018/05/25〜27:上映会「トーク/震災後の暮しがつくるコミュニティのかたち」(東京・シネマハウス大塚)【詳細】 【劇場サイト】 《チラシPDF表》 《チラシPDF裏》
  • 《終了》2018/03/05:「<映画とトークのコラボレーション>東日本大震災から7年〜いま、コミュニティのかたちを見つめる」なかのZERO(東京)【詳細】
  • 《終了》2018/01/27:「第31回 神戸をわすれない」世田谷区民総合福祉センター(東京)【詳細】

◉劇場上映


◉上映カレンダー(予定クリックで詳細)

Media

◉メディア掲載

  • 2018/05/24:東京新聞
    「コミュニティーの再生描く 震災後の石巻記録映画・青池監督」
  • 2018/05/23:日本経済新聞
    「震災後の日常再生の物語 神戸から石巻へ 地域の人々の暮らしを映画に 青池憲司」【記事
  • 2018/03/20:『キネマ旬報 2018年4月上旬号』No.1774(キネマ旬報社刊)
    「文化映画紹介」
  • 2018/03/11:神戸新聞
    社説「復興の正念場」
  • 2018/03/10:大阪日日新聞
    「来阪catch 我が身を重ねながら ドキュメンタリー映画『まだ見ぬまちへ〜』監督青池憲司」【記事
  • 2018/03/09:読売新聞東京本社宮城版
    「再生する石巻を映画に 青池憲司監督『住民の絆 表現できた』」【記事
  • 2018/03/01:『ビッグイシュー』330号(ビッグイシュー日本刊)
    「映画レビュー『まだ見ぬまちへ』」【記事
  • 2018/02/21:毎日新聞大阪本社兵庫版
    「二つの被災地、ともに 宮城・石巻市門脇地区の映画、23日から長田で上映 26日、監督と復興語り合う/兵庫」【記事
  • 2018/02/18:毎日新聞大阪本社兵庫版
    「ドキュメンタリー映画 被災地、宮城・石巻を記録 23~27日、神戸映画資料館で上映/兵庫」【記事
  • 2018/02/15:東京中日スポーツ
    「石巻小さなコミュニティ 再生6年半の物語 ドキュメンタリー映画『まだ見ぬまちへ』上映会始まる」【記事
  • 2018/01/27:毎日新聞東京本社都内版
    「宮城・石巻の再生見つめて 地域づくりの記録映画、きょう上映会 世田谷」【記事
  • 2017/11/25:石巻日日新聞
    「門脇のコミュニティ再生を追う 青池憲司監督『まだ見ぬまちへ』完成」
  • 2017/11/23:石巻かほく
    「被災6年半の暮らし 記録映画『まだ見ぬまちへ』、石巻で上映」【記事
  • 2017/11/19:河北新報
    「門脇復興の歩み克明に 石巻で記録映画『まだ見ぬまちへ』上映」【記事
  • 2017/11/15:朝日新聞東京本社宮城版
    「門脇・南浜地区の復興映画 18、19日に上映会」
  • 2017/04/23:石巻かほく
    「被災・門脇小ドキュメンタリー上映 国際会議で高評価 カナダ」【記事
  • 2017/03/14:石巻かほく
    「門脇小の震災証言集『3月11日を生きて』、国際会議で上映 18日」【記事
  • 2017/03/06:宮崎日日新聞
    「声掛け合い避難を」 被災地の「言葉」に学ぶ【記事
  • 2017/03/06:宮崎日日新聞
    「津波から命どう守る 震災映画上映や座談会」【記事

◉レビュー

  • 後藤和夫さん(シネマハウス大塚館長)【記事
  • 大島幹雄さん(地域誌『石巻学』発行人)【記事
  • 青木英明さん(首都圏在住)【記事
  • 鈴木洋子さん(元石巻市立門脇小学校校長)【記事
  • 木村聖哉さん(首都圏在住)【記事

Contact

◉お問い合わせ〜映画の自主上映、講演などの見積もり、取材など

以下のフォーム、もしくはメールでお送り下さい。

DVD通信販売に関してはこちらへ→DVDソフト通信販売

 メールアドレス
青池組メールアドレス

Sns

Share on Tumblr
Clip to Evernote